都内から鹿児島への引っ越し体験

首都圏から鹿児島への引っ越しを経験しましたが、そのときに初めて引っ越し業者を使いました。まず驚いたのは、見積もりに来た営業マンです。片目にはっきりとアザが出来ていて、殴られたみたいな感じがしました。絆創膏も貼っていたし、喧嘩でもしたのかと怖かったです。

値段交渉になると途端に不機嫌になり、「じゃあいくらだったらいいんですか!」と怒鳴らんばかりに脅してきました。それでも負けじと希望の価格を言って何とか通りましたが、驚いたのはこの後のことです。

引っ越しが終わって請求明細をいただきましたが、明らかに今回の引っ越しで使っていない資材が請求明細に書いてありました。家具を守るクッション材だとか、壁に傷がつかないように運ぶためのカバーだとか、つらつらと当たり前のように書いてありましたが、そんなものは一切使用していませんでした。

作業に立ち会っているので、目視でも確認済みです。あとでサポートセンターに電話しましたが、無駄でした。二度とパンダの会社は使いません。

長距離の引っ越しだと都内での引っ越しよりも移動距離も多いですし、業者はしっかりと選んだほうがいいですね。今まではそこまで引っ越しで嫌な体験をしたことはありませんでしたが、ちょっと残念でした。